木村政雄のコラ!!ム

月のコラ!!ム

2018.12.31

1月のコラ!!ム

「スネークイン」という言葉があります。小さな音量からゆっくりと上げていくことを言うのですが、今年はこれでいってみようかと思います。落語で言えば、5代目古今亭志ん生さんのように、ことさらに小声で噺をはじめ、客が聴き取れないので真剣に耳を傾け始めかけたころに徐々に声を上げ、自分のペースに引き込んでいくという手法です。どちらを見ても、声高で大声の時代だからこそ有効な手法だと思うのですが、志ん生さんのような技量がないと、周囲からシカトされるリスクはありますけれどね。